ゴールデンウイークのすごし方・その二(芦生の森)5日


  京都大学の芦生の森演習林(以前はそうよんでいたと思うのだが)が美山町にあります。広大な地域なので本格的に足を踏み入れたことはありませんが、ハイキング気分で少しだけ原生林とよばれる森に入るのがいつものパターンです。20人規模の数グループがリーダーを伴って歩いていました。入口で入山登録をしています。

美山①

 研究者が荷物を運ぶトロッコの軌道がひかれた道を、小一時間ほど散策しました。なんとも言えず空気がうまいのだ。家族連れとすれちがったり、キャンプしているグループもありました。

美山②

 トロッコ道の眼下には由良川の清流が見える。写真は本流に注ぐ小川にかけられた橋をわたっているところ。

美山③

 なにげなく下をみると、想像以上に多種多様な植物が生きている。

美山④

 目をとじて、耳に集中すると、水の音のなかに、かすかに野鳥のさえずりが聞こえる。心が洗われるよう、時間を忘れる。

美山⑤


美山⑥
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR