「なくそう原発 3.11府民1万人集会」すすめよう自然エネルギー、震災復興支援・扇町公園に8千人が集う

 3.11.府民集会に参加しました。大阪府下各地からたくさんの人が集まりました。午後2時から集会がはじまり、地震が起こった午後2時46分ジャストには参加者8千人が「黙とう」をして、犠牲者にたいして哀悼の意をあらわしました。全国各地のみなさんと心がひとつになった瞬間です。メッセージボードを持っているうち左から、玉井さん、そろり大阪府会議員、竹村です。

原発①

 福島県南相馬市からかけつけた農業者の方の「国と東電は責任をはたしていない。福島を再生させたい」との訴えに心がしめつけられる思いでした。日本共産党の吉井英勝衆議院議員が連帯あいさつのなかで「2000年はじめから危険性を指摘してきた。想定外とはとんでもない。政府は原発事故は収束したというが科学的根拠はまったくない」というのが印象に残りました。吉井議員は京大原子力工学を専攻した専門家です。

原発②


原発③

 参加者全員がメッセージボードをかかげてアピール。壮観です。 

原発④

 集会後、梅田までパレードしました。8千人が異動するので会場をでるまでにけっこう時間がかかり、人数の多さを実感。団体名を書いた林立するのぼりの多さに「脱原発」に大義があることを示しています。

原発⑤
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR