「市政レポート・第139号」発行しました。3月1日から26日まで吹田市議会3月定例会。

レポート3.4

(本文)

 3月1日から26日までの日程で吹田市議会3月定例会が始まりました。
 今回は市長の改選後初めての当初予算編成となりますが、「事業見直し」で市民サービスの削減や、継続審議となっている公共料金の大幅値上げなど、市民生活に重大な影響を及ぼすことが考えられます。
 主な内容について紹介します。
〈日程〉
 1(木)提案説明
 8(木)代表質問
 9(金)代表質問
12(月)個人質問
13(火)個人質問
14(水)委員会
15(木)委員会
16(金)委員会
19(月)委員会
23(金)議会運営委員会
26(月)討論採決
〈議案〉
●報告1件
●条例24件
●単行事件2件
●予算25件
●市監査委員の選任
●その他で継続となっていた公共料金等の値上げ案などとなっています。現時点で市民に少なからず影響があり、問題点のあるものとして、以下のような議案があります。
■条例
○債権管理条例○市税条例改定○国保条例改定④福祉年金支給条例改定○老人医療費の助成条例改定○介護保険条例改定○市民体育館条例改定などは慎重な審議が必要です。
■予算
 新年度当初予算としては一般会計で約1051億円、国保や下水道、介護保険など特別会計と、水道事業、病院事業の全ての会計をあわせて約2001億円となっています。
 今回の予算案の特徴として、数字には表れませんが「事業見直し」で廃止や縮小となった事業があり、市民生活の実態に目を向けない現市政の姿勢をしめす内容となっています。
 廃止事業は、福祉巡回バス、市民会館、老人医療費助成、高齢者短期入所生活介護、障害児童見守りの場運営補助、住宅用太陽光発電システム設置費補助など。 縮小事業は、はり・きゅう・マッサージ助成、福祉年金支給、日中活動重度障害者支援、長寿祝賀、小中学校35人学級導入など各事業となっています。
 市民の要望と議会等で追及した結果、再生資源集団回収事業や保育所・幼稚園・小学校安全対策、各種市民健康診査、小学校スタートアップ事業などは継続となりました。引きつづき運動が必要です。
 以下地域の特徴的な事業について述べます。
○南千里駅前公共公益施設関係○南千里保育園大規模改修○豊一小学童保育室改修○千里山駅周辺整備事業関係○学校校舎耐震補強事業(千三小・豊一小・南千里中・豊津西中などが補強工事、千新小・第一中などが補強設計)○豊一地区公民館耐震診断○学校空調設備整備事業(第一中など7中学校で設置、南千里中・豊津西中など8中学校と豊一小など3小学校(幼稚園含む)で設計のための予算が計上されています。佐井寺中、豊津中、東佐井寺小等では昨年設置済みです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR