「市政レポート・第138号」発行しました。『原水爆禁止吹田市協議会・再開総会』に参加して

 1950年代からはじまった原水爆禁止運動は思想・信条、党派をこえた運動として発展してきました。
日本共産党の原点は「平和と民主主義の花開く日本」です。党の「綱領」には「人類の死活にかかわる核戦争の防止と核兵器の廃絶」を唱っています。運動の前進を願って参加させてもらいました。

原水協①

 オープニングは、新進演奏家でテノール歌手の山根亮太氏が、華やかに会場を飾りました。

原水協②

 何度聞いても安斎育郎さん(東大原子力工学科第一期生)のお話しはためになり、おもしろい。「そもそも原発というのは、アメリカが原子力潜水艦用に開発したもので、誕生から安全なものではない。危険な放射能廃棄物の処理に何千年、何万年とかかるものに誰も責任がとれない。目の前の食品安全の取り組みだけではなくて、まちがった原子力政策そのものを変えるために運動をひろげよう。原水爆禁止運動と原発廃止運動とを混同せずに、だれもが賛同できる取り組みでいっそう発展させよう」など、1時間半の講演は科学的でとにかく説得力がありました。

原水協③


レポ①
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 私のブログに訪問してくださってありがとう。お元気ですか。みやちゃんも元気?会いたいなあ・・・というといてくださいね。3月議会ですね。お互い市民の暮らしを守るため頑張ろうね。故郷の大阪が橋下市長でむちゃくちゃになっていくの腹立つ・・・
プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR