え!そんなことできるの?委員会採決をすっとばして強行とはあきれた、大事なことをみんなが寝ている間に勝手に決めるな!

 ついさっき国会の参議院で「共謀罪」が強行採決され、可決した。いろんな選択肢があっただろうが、前代未聞の委員会の採決をすっとばして、本会議で公明党の法務委員会委員長が「中間報告」なるものをした直後の採決という結果だ。ルールを破って、人が寝ている間に悪いことをする、どろぼうと同じと思うのは私だけだろうか。

 国会前には徹夜で市民が抗議の声をあげていた。先ほどまで定例の豊津駅前の宣伝で「断固抗議する!この暴挙を忘れずに、来る総選挙で安倍政権を退場にしましょう」と市民にうったえた。知らない方からも、よく知っている方からも「安倍首相をやめさせて」と言われた。

 民主主義をないがしろにし、「加計学園疑惑」からの追及をかわそうというやり方が、あまりにも見え透いているのはだれでもわかる。

 世論に追い詰めれているのは自民公明の安倍政権にまちがいない。いよいよ国民の怒りがふっとうし、安倍政権と国民との矛盾がをどうしようもない状態と感じた結末でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR