過労死うみだす社会を促進するのか!安倍政権の労働法制改悪にだまされるな!

 4日からは仕事始めで通常の毎日となりました。わが家では年末から一家4人が順番を待つようにして風邪の症状で、正月は誰かが一日寝込んでいる状態でした。いったいなんだったのか。インフルか。誰も医者にいってないのでいまだに不明ですがー。みんな特に薬ものまずに、一日二日だけで、自力で回復したことはほんとにすばらしい。日頃からよく食べ、よく寝て、規則正しい生活スタイルが大切だと痛感しました。さすが世帯主の私が最後の取りで昨日まで寝てましたが。

 人間は古代から夜明けとともに起き、日中活動し、日が沈めば体をやすめて翌日に備えることをつづけてきたことを忘れれてはならない。人間は夜行性ではないのだ。不規則、夜ふかし、夜遅くまで仕事を継続すれば、必ずツケはくる。あいかわらず過労死が社会問題になっている。ことしは日本人の働き方の改革が差し迫った政治的テーマになるだろう。これまで長時間労働を放置してきた安倍政権のいう「一億総活躍社会」にだまされるわけにはいかない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR