稲田防衛相が靖国参拝、やっぱり札付きの歴史修正主義者の右翼政治家でしたね



 年の瀬もおしせまりました。きのうのニュースではあの稲田防衛相が、安倍首相と真珠湾から帰国直後に「靖国神社」に参拝したとのこと。またやってくれたか!安倍首相のハワイでの記者会見にはあきれたが、真珠湾に行ってきたことをさっそくあの靖国で報告した人物が防衛大臣では、中国と韓国の両政府が抗議するのはあたりまえやわな。挑発としか言いようがない。

 きょうのニュースでは韓国の日本領事館前にあった従軍慰安婦を象徴した「少女像」を、行政当局が撤去したことに対して、市民からの抗議の前に再び設置されたとのこと。ニュースでは「日韓関係に悪影響が懸念される」やて。マスコミも「悪影響」を心配するけど、これって先に稲田氏が靖国参拝したのが発端ちゃうんかな。それにつけても重要閣僚の靖国参拝にたいして意見を求められて、安倍首相は「ノーコメントです」てどういう意味、首相早よやめてほしい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR