アンネ・フランク パネル展(2日~8日・メイシアター展示室)を鑑賞し、いろいろ考えました(4日)

 第二次世界大戦では、ナチス・ドイツとファシズム・イタリア、そして絶対的天皇制の帝国・日本が「三国同盟」を結んで世界征服を企て、何千万という人々の命を奪いました。それはまだ70年~80年前の話しです。人の一生分の時間しかたっていないと思います。戦争の悲惨さ、不条理を絶対に忘れてはなりません。

 戦後、西ドイツのワインゼッカ―大統領が演説のなかで、「過去に目をつむるものは、未来に対しても盲目となる」という内容で、当時の国民に訴えたことを聞き、全くそのとおりだと思いました。ドイツではナチス・ヒトラーの戦争責任に時効はないとの立場を貫いています。日本はどうだったのかと考えざるを得ません!

 現安倍政権は憲法改悪を企て、多くの閣僚が「太平洋戦争は正義の戦争だった。憲法を変えろ」と主張する、日本会議・靖国派に属しているといわれます。戦前は大本営が情報を操作し、侵略戦争に反対した日本共産党を弾圧し、治安維持法で国民を弾圧した歴史があります。けっして歴史を繰り返させない!改めて考えるいい機会となりました。

レポ①

 6日は、メイシアターで上映される、山田洋次監督の「母と暮らせば」も観にいこうかな。

レポ②

 最近少なくなったような気がする、アブラゼミ。

レポ③



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR