『消費税増税中止を求める意見書』を可決!(3月25日・吹田市議会最終日)



  3月25日、吹田市議会3月定例会が閉会しました。最終日に、日本共産党市会議員団が提出した意見書のなかで『消費税増税中止を求める意見書』が、自民党、公明党、吹田翔の会(民主党系)の各会派が反対しましたが、日本共産党のほか大阪維新の会、吹田新選会の各会派と1人会派の5人全員が賛成、20対15の賛成多数で可決し、同日付で政府及び国会に送付されました。

 意見書の趣旨は、「消費税率8%への引き上げによる影響などで消費が落ち込み、暮らしも経済も深刻な事態に直面している。2月の内閣府の発表では、国内総生産(GDP)がマイナスとなり、GDPの約6割を占める個人消費の低迷が経済再生を遅らせている。安倍政権は、2017年(来年)4月から消費税率を10%に引き上げるとしているが、総額で4兆円の増税となり、1世帯当たり約6万2千円の負担増となる。さらに消費が冷え込み、景気悪化、地方公共団体の財政にも深刻な影響を与えることは必至である。よって、これ以上の消費税増税を行わないよう強く求める」となっています。

 大阪府内では、堺市議会でも同趣旨の意見書が可決されています。夏の参議院選挙の焦点になると考えられます。いっそうの世論と運動を広げましょう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR