合同防災訓練に参加し「阪神大震災、東日本大震災を決して忘れない」と決意(17日早朝)


 21年前のきょう朝5時46分に阪神淡路大震災が発生、6千人を超える尊い生命が絶たれ、甚大な被害をもたらしました。吹田市では毎年、17日を前後する日曜日に「吹田市・吹田市自治会連合協議会合同防災訓練」が行われています。なによりも震災による犠牲者と被害を風化させないとの決意のもと、小学校区を基本に、各地区で工夫した取り組みがすすめられています。

 居住している豊一地区の防災訓練に参加しました。参加者は自治会単位で集まり、徒歩で豊一小学校に集合。集会では、吹田市水道事業管理者、豊一地区連合自治会長、消防豊津分団長がそれぞれあいさつしました。地元市会議員からも一言あいさつさせてもらいました。

レポ①

 集会後、短時間でしたが消防団のみなさんの指導で消火訓練をしました。やはり、やったことがあるのとないのでは、いざというときに安心です。

レポ②

 家庭防火クラブのみなさんと記念写真に納まりました。日ごろから地域でなにかと活動され、本当にお世話になっています。参加されたすべてのみなさん、お疲れさまでした。ありがとうございました。

レポ③



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR