「市議会報告(西部版)第181号」9月定例会の成果と問題点、子ども医療費助成の充実を求める請願・意見書が可決



  9月定例会で成立した補正予算のなかには、かねてから日本共産党吹田市会議員団が要望してきた、妊婦健診助成の拡充や学校図書館の充実、学校の教室のエアコンの整備などが盛り込まれていました。
 一方で現市政のもとで強引にすすめられているアウトソーシング(民営化や民間委託)の一貫で、来年4月に新設される千里丘北小学校の給食業務の民間委託、学童保育の民間委託はあまりにも安易であり、保護者関係者の声も全く聞かずに行おうとしており、日本共産党は最後まで反対の論陣を貫きました。
 
 給食については、文教産業委員会の審議のなかで他の会派からも異論がでて、結果として教育委員会は一旦撤回をしました。今後の市の態度と推移が注目されます。
 同じく学童保育の民間委託については、突然提案されたもので、安易な内容、手法も乱暴で、これを突破口にして、他の学童保育についても拡大するのではないかと危惧されます。市会議員団は最終日に修正案を提出して、最後まで民間委託をストップさせようと関係者とも連携して奮闘しました。残念ながら修正はできませんでしたが、今後もよりよい吹田市の学童保育を守り発展させるために、保護者関係者と力を合わせていきます。
レポート第181



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR