安倍首相は「積極的平和主義」というならパレスチナの子どもを救え!



  今朝は緑地公園駅前で定例宣伝でした。学校が夏休みなので、いつも元気な姿を見せてくれる子どもたちと会えないのが少しさびしいですが、サラリーマンのみなさんは、汗をふきふき改札に向かっていて思わず「ご苦労さまです」と言葉が出てきます。駅周辺は豊中市域ですが、ここは吹田市立千三小学校の通学路になっていて、小学生が大きな声であいさつをしてくれるのがなによりうれしい宣伝です。

 それにしても遠く離れた中東パレスチナ、ガザ地区の子どもたちと市民が無差別に虐殺されていることに胸が痛む。こんなときに安倍首相は南米に訪問しているらしいが、「積極的平和主義」というなら国連などの舞台でやるべきことがあるはずだ!と思う。

 きょうは夏らしく、「寺内まつり」ののぼりとちょうちんが駅前を飾っていました。お祭りも平和が前提です。

緑地駅



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR