「市政レポート 第126号」発行しました(7月28日)・7月定例会の内容など

レポ(110801)

 日本共産党吹田市議団が主催をして、七月二十五日に「団体懇談会」がおこなわれました。
 市長が就任直後に「財政非常事態宣言」をしたことによる影響が、具体的な施策の後退となって表れています。
 市議団として市政の現状を報告して、各団体の取り組みとも連携しながら今後の運動に生かしていこうと企画されました。
 当日は21団体、約50名が参加をして、それぞれから要求内容と取り組みの実態などが、具体的に語られました。
 障害者や保育関係者から国の動きへの警戒と、吹田市の果たすべき役割への期待と要望がこもごも述べられました。そろり府議が府政について報告しました。


 七月二十六日から八月十二日までの会期で、七月定例会がはじまりました。
 今議会は、四月の選挙後で本格的な論戦がおこなわれる最初の定例会となります。開会日には市長の「市政方針」が述べられ、各部から議案の説明がされました。
〈主な日程〉
2日(火)代表質問
3日(水)代表質問
4日(木)個人質問
5日(金)個人質問
8日(月)委員会
9日(火)委員会
12日(金)討論採決
〈主な議案〉
(報告3件)
○損害賠償額の決定に関する専決処分について
(条例5件)
○市長の給料、期末手当、退職金の減額(継続審議になっていたもの)
○副市長等の給料及び期末手当の減額
○副市長等の退職金の減額
○勤労青少年ホーム条例の改正
○自然体験交流センター条例の改正
(単行事件3件)
○南吹田下水処理場送風機設備工事請負契約の締結
○和解について
 株式会社日本アイ・ビー・エムの契約不履行に対する市への損害賠償金の決定
○公用車の交通事故に係る損害賠償について
(主な補正予算)
・東日本大震災被災者支援事業
・高齢者グループホームのスプリンクラー整備事業
・地域密着型サービス整備補助事業
・子育て支援推進事業(公私立保育園)
・子育て支援啓発事業
・公害防止対策事業
・研究学校事業
・子育て支援推進事業(公私立幼稚園)
○教育委員会委員の選任
 道浦母都子氏の任期満了

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR