吹田市議会で日本共産党が「橋下徹大阪市長に『慰安婦』は必要だったとする発言の撤回を求める決議」を提案し、賛成多数で可決(5月31日)

開会中の5月31日の本会議で、日本共産党(8人)と無所属の女性議員3人が共同提案した決議が、賛成多数で可決されました。

決議では、「橋下氏が『慰安婦』必要論に固執し続けることは・・・元『慰安婦』の方たちを深く傷つけるものであり、同時に基本的人権を尊重する日本の品格をおとしめることになる。このことはアジア諸国と日本の友好を大きく損ない将来に重大な負の影響をもたらしかねない」と指摘。「発言を撤回し、国民と諸外国に謝罪するよう強く要望する」としています。

詳しくは後々の報告にしたいと思います。とりあえずの一報です。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR