震災ボランティア最終日・岩手県遠野市(6月23日)

 今回の震災ボランティアも最終日。前日夜中から大雨となり、宿泊したプレハブの屋根を打つ雨音のおかげで、僕の大きな鼾(いびき)もかきけされたほどでした(本人はわかりませんが・・・)。荒れ模様のなか、一路遠野市に設置されている大阪府の後方支援活動本部に出発。「遠野物語」の地元です。

 遠野市も地震のために市役所が被災して、建て替えをする必要があり、重機がはいって工事がすすんでいました。その隣のビルに設置されているのが下の写真のフロアーです。

震災⑭

 現地責任者の大阪府職員から活動内容、各地の被災状況など説明をうけました。1年間の長期にわたる任務であることや、宿泊施設が遠野市では確保できずに、車で1時間以上距離のある花巻市内に滞在していることなど、苦労の一端が短時間の懇談でしたが理解できました。労をねぎらいながら、最後に記念写真をパチリ。制服姿が府職員さんです。ありがとうございました。

震災⑮

 仙台空港から帰阪。3日間は短期間でしたが、東日本大震災の大きさ、被災者の生活実態、政府の支援体制の遅れ、など実感することができました。地元紙はこの間の管首相おろしなど政局にたいして冷やかな目を向けています。
 
 被災地とは遠くはなれてはいますが、現地で自らも被災しながら必死で支援活動、復興活動にがんばっているみなさんと被災者の願いに心をよせながら、自分はなにができるか、政治はどうあるべきかなど日々考えながら活動していきたいと思います。(写真をとったときはつかれて、ただボーとしていましたが・・・)

震災⑯
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR