橋下共同代表の妄言に内外から怒りの声、「公人、政治家の資格なし」 千里山駅前で 街頭演説

昨日に続き、きょうは朝から阪急千里山駅西で街頭演説をしました。テーマは「橋下共同代表の歴史認識と妄言、日本維新の会の政治的役割について」でした。昨日来、あらゆるメディアがが国内外を問わず、「橋下発言」に驚きと怒り、抗議の声をあげていると報じています。その特徴は「今回の妄言は、日本維新の会共同代表という国会に議席を持つ政党の党首として、また大阪市長という公人としての資格が問われる」というところではないかと考えます。全くそのとおりです。

演説をしていて、私には橋下氏の発言内容を紹介することはとても出来ませんでした。朝から中学生や高校生たちが行き交う場所で話すことではないからです。橋下発言は、同じ人間として大人としてあまりにも恥ずかしく、同じ日本人としてあまりにもなさけなく、やるせなく感じたからです。

人間には理性と知性があります。橋下発言は人間の理性も知性も失われる戦争や軍隊を容認し、人間の尊厳を認めない思想の表れではないか。「こんな人物がなんで弁護士やねん」というのが素直な気持ち。

演説の最後に「戦争で犠牲になったアジアの人々の思いに寄りそうことなく、今なお、米軍基地の存在によって、日々苦労を強いられている沖縄の人々を足下にすることをよしとする政治家が、国政の場でまた大阪の地で、国民,府民のために働けるはずがないと思います。91年間アジアの人々と国民に寄りそい、がんばってきた日本共産党をのばしてください」と結びました。

しゃべっていると余計に怒りがわいてくるので、時々深呼吸しながらの街頭演説でした。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR