スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環太平洋連携協定(TPP)に断固反対する訳、その1(食糧自給率40%が10数%に)

「美しい日本を取り戻す」どころか「美しい日本を台無しに」するのがTPPではないのか。日本人の主食は言わずと知れたお米ですよね。わが家では大人も子どもも家では毎食ごはんをたべます。いくら上等なおかずがあってもおいしいごはんがなかったら、うれしさ半分です。日本酒はお米で決まりますよね。

TPPを締結したら日本の農業はどうなるか。しんぶん赤旗3月25日日刊紙の報道では、米の生産額はなんと各県ともに3割から6割減少するとの試算結果がでていました。政府の試算では他の農産物もふくめて金額にして現在の7兆円の農業生産が3兆円も減少します。農家のみなさんは農業生産ができなくなり、後継者はいなくなり日本農業は壊滅します。関連した産業も成り立たなくなります。

春になりこれから田植えの季節です。田んぼの緑がどれだけのやすらぎを与えてくれるか。丹精込めて生産した農家のみなさんに感謝の気持ちが自然とわいてきます。

想像してみてください。荒廃した農地、産業が疲弊し人がいなくなる農村、毎日の食卓にはどんな作り方がされているかわからない外国産米や輸入食材ばかり。安倍首相のいう「美しい日本」では安心しておいしいごはんが食べれなくなると確信します。TPPに断固反対するわけのひとつがこれです。まだありますが、次回にします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。