26日午後2時から臨時議会を招集、調査特別委員会の設置へ(吹田市議会)

「維新の会」市長の後援企業に単独契約、秘書に関連会社が役員報酬
 
 吹田市政については十月三十一日以降、連日のように新聞紙上をにぎわしているのをご存じでしょうか。吹田市が約2250万円の公共事業を、市長の後援会幹部が経営する企業に入札をせずに、単独随意契約をしていた疑惑です。
 また市長の私設秘書が関連会社から、役員報酬を年間120万円も受け取っていたことが明らかになりました。市長も認める非常勤の役員報酬は、形を変えた企業献金ではないかといわれています。
 市議会では十一月十二日に「全員協議会」が開催され全会派から厳しい質問がだされ、市長は「決裁したのは確かだが、部下がやったことであり監督責任はある」と述べ、問題を職員の責任になすりつける答弁に終始しました。

市調査機関のトップ、副市長が突然の辞任 

 市は単独随意契約の疑惑について調査するための委員会を設置しましたが、そのトップである副市長の突然の辞意表明が報道されました。市長も含めた市幹部の無責任さにはあきれると同時に、疑惑はますます深まるばかりです。

臨時議会、調査特別委員会設置を主張し、決定

 十一月二十日に行われた議会運営委員会で、日本共産党は真相究明のために臨時議会の開催と調査特別委員会の設置を要求し、市議会は十一月二十六日開催の臨時議会で調査特別委員会設置を議決する予定です。
 市民からは「市長はやめるべき、真相を明らかにするためにがんばってほしい」と激励がよせられています。
 ひきつづき力を尽くします。(十一月二十二日、後援会ニュースより)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR