スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民から「ガードレールのすき間で歩行者が危険、改善を」と声があり、吹田市に安全対策、調査改善を要望(8月9日)

 ブログをご覧のみなさんにはちょっとローカルな話題です。阪急千里線の豊津駅と関大前駅の間にはいくつかの踏切があります。また線路の横を「上の川」という河川が流れています。線路の西側に吹田箕面線という府道がはしっています。川と道路の境にはガードレールが設置されています。ところが私も普段はあまり気にしていなかったことですが、写真のようなすき間があいています。
 もっと詳しくは、関大第一高校グランド横の踏切と垂水墓地と垂水上池公園を結ぶ「蓮華寺橋」との間となります。
 
 先日、白杖を持つ目の不自由な方から「仕事で豊津駅を利用しているが、私が通っているのを見て、近所の人があぶないということで、竿を渡してくれた。改善できるものならばお願いしたい。」と声をかけてくれました。日常生活では利用者にしかわからないことがままあります。

 現場を確認しましたが、歩行者にとっては確かに危険です。約5メートル下はコンクリートの川底で、万が一落下したら重大な事故につながります。昨日9日に吹田市の道路公園部の担当者に調査改善を申し入れました。

道①

 写真の左手が関大第一高校グランド前の踏切付近です。

道②

 写真の遠目が豊津駅方面です。すき間の真ん中にあるのは公園にある調整池の水を川に流すときの弁のようです。行政の対応については後日報告したいと思います。

道③
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。