え!そんなことできるの?委員会採決をすっとばして強行とはあきれた、大事なことをみんなが寝ている間に勝手に決めるな!

 ついさっき国会の参議院で「共謀罪」が強行採決され、可決した。いろんな選択肢があっただろうが、前代未聞の委員会の採決をすっとばして、本会議で公明党の法務委員会委員長が「中間報告」なるものをした直後の採決という結果だ。ルールを破って、人が寝ている間に悪いことをする、どろぼうと同じと思うのは私だけだろうか。

 国会前には徹夜で市民が抗議の声をあげていた。先ほどまで定例の豊津駅前の宣伝で「断固抗議する!この暴挙を忘れずに、来る総選挙で安倍政権を退場にしましょう」と市民にうったえた。知らない方からも、よく知っている方からも「安倍首相をやめさせて」と言われた。

 民主主義をないがしろにし、「加計学園疑惑」からの追及をかわそうというやり方が、あまりにも見え透いているのはだれでもわかる。

 世論に追い詰めれているのは自民公明の安倍政権にまちがいない。いよいよ国民の怒りがふっとうし、安倍政権と国民との矛盾がをどうしようもない状態と感じた結末でした。


スポンサーサイト

「学童農園」で小学5年生が田植え体験、市内の小学校20校で順次実施中


  学校の授業としての「学童農園」がはじまりました。最初に農業関係者のみなさんからコツを伝授していただいて、さあこれからです。保護者の方が見学しています。苗床から株を受けとって、田んぼにはいります。生まれて初めての経験で、歓声があがっていました。12日に豊一小学校の学童農園を見学しました。

レポ①

 けっこう真剣に取り組んでいます。なれるまで少しの間がいりそうです。

レポ②

 毎回見学させてもらっています。吹田市の事業なので、なにごとも「百聞は一見に如かず」です。農業関係者のみなさんの協力が頼りで、子どもたちにとって貴重な体験です。

レポ③

 終盤の様子です。ここまでくると慣れた手つき、さすが5年生。

レポ④

 1時間の田植えが終了。秋の収穫が楽しみです。今度は稲刈り、また見学させてもらいます。関係者のみなさん、ありがとうございました。

レポ⑤




市議会定例化の最終日に、新年度の議会役員と所属委員会を決め閉会、監査に山根議員が就任

  
 昨日、5月定例会が閉会し、2017年度の議会役員と各議員の委員会所属が決定しました。議会三役では、議長に自民党の藤木議員、副議長に公明党の野田議員、監査委員に日本共産党の山根たけと議員と新選会の足立議員が就任しました。

 その他、日本共産党は財政総務委員会委員長に倉沢さとし議員、北大阪健康医療都市等のまちづくり検討特別委員会委員長に塩見みゆき議員が就任。

 私の委員会所属は、文教市民委員会、議会運営委員会、中核市移行に関する調査特別委員会、都市計画審議会となりました。今期の議員活動も折り返し点となり、気持ちを新たにして、公約と市民要求実現にがんばりたいと思います。

 6月3日に行われた豊津第一小学校の運動会で。今年は体育館の大規模改修、学童保育教室の増設などの関係で市内で唯一、この時期の開催となりました。たくさんの保護者、地域のみなさんが見学し、子どもたちに声援をおくっていました。

レポ①



後藤市長が、子ども医療費助成について所得制限の見直しを表明(5月定例会の質問で)



 市議会報告第206号を発行しました。5月定例会は、きょうで閉会の予定です。去る5月22日に本会議場で個人質問をしました。2月定例会では、日本共産党の代表質問で「子ども医療費助成の拡充」について質問しました。市長から「2017年度中に制度の見直しを検討する」との答弁がありました。

  新年度にはいって、この4月に日本共産党吹田市議団として市長に要望書を提出していました。5月定例会で個人質問に立ち、改めて検討状況を聞きました。「市議会報告」はしんぶん赤旗への折り込みや、駅頭等で市民に配布しています。

レポ①




プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR