スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方自治体の予算審議の仕組みと議員としての態度について

きょうは地方自治体(吹田市も含む)の首長(市長)と議会との関係を、私なりに説明したいと思います。地方自治体は二元代表制といわれて、市長と議員を市民(有権者)が直接に選挙で選びます。そして市政に必要な予算(経費)を市長が議会に提案し、承認されてはじめて執行します。

予算の提案権と執行権は各地方自治体では首長の権限となっていますが、承認されるためには、議会の多数(定足数が満たされていれば、出席者の過半数)の賛同が必要です。ここに首長と議会との緊張関係が存在します。

例えば吹田市の当初予算(年間予算で3月定例会で議決される)は一般会計で約1000億円、水道事業や市民病院事業、国保会計などで約1000億円、合計約2000億円となります。特に一般会計にはたくさんの事業が盛りこまれており、本当に市民とって必要な事業も多く含まれていますが、その時の首長の政治姿勢が色濃く反映したものになります。

吹田市では「維新の会」市長のもとで市民サービスを大きく後退させる予算が提案され、日本共産党は反対をしました。もちろん市民にとって必要な多くの事業が盛りこまれており、また市民の声や党として要求し実現した内容があるのは当然です。しかし審議の仕組みとして、予算案は一つ一つの事業について採決はされません。一般会計なら1000億円の内容について「一括審議、一括採決」方式が採用されており、予算のどこが問題で賛成できないのか、この部分は前進で評価できるのかを限られた時間で述べながら、賛否を明らかにすることを求められます。

日本共産党はこの3月市議会では予算の組み替動議の提案をしました。自民党や公明党などは理由もいわずに反対しました。「予算に反対したから実績を語るな」という人がいますが、地方自治体の予算審議の仕組みについていえば、それはあてはまりません。市民の願いが市政により反映されるようにこれからも取り組んでいきます。

詳しくは日本共産党吹田市会議員団のホームページをぜひご覧ください。


スポンサーサイト

安部政権で世界から孤立する・「靖国神社参拝して何が悪い」「『核の不使用』共同声明に反対」

安倍自公政権になって本当に、いよいよ「右傾化」というのは具体的にはこういうことか、という思いがするニュースが次々と入ってきます。
例えば
◎「憲法を変えて、自衛隊は国防軍に」安部首相は今年度の軍事費を400億円増額したことを自慢。福島第一原発事故が全く解決していないのに、せめて被災者のために使ったらどうか。
◎首相が「靖国神社に参拝するのは当然。他国のおどしに屈しない」と国会で答弁。靖国神社には多数のA級戦犯が合祀され、神社が経営する「遊就館」はかっての日本軍国主義のアジアへの侵略戦争や植民地支配を合理化し美化する、戦争主義者の拠り所である。多大な犠牲を強いられた中国、韓国などアジアの人々が心を傷つけられるのはあたりまえではないか。なんと人間としての想像力の欠如した連中か。腹立たしい。
そして
◎昨日来のニュースには本当に驚いた。日本政府が「国連でひらかれていた核不拡散条約再検討会議で70カ国が賛同した、核兵器の不使用に関する共同声明」に賛同せず。え!なんで日本は世界で唯一の核兵器被爆国ちゃうん。2発の原爆で一瞬にして何十万の同胞が息絶え、今でも被爆者が苦しんでいるではないか。原発事故であれだけの被害を目のあたりにしているのに。全く腹立たしいニュースだ。国民は黙っていない。

今書きながら思う「純真な子どもたちの『なぜ?』に答えることができない安部政権の暴走をくい止めたい」


「市政報告第158号」発行しました。子ども医療費助成が中学校卒業まで拡充、議会報告会など

 
(本文)

 この4月「こどもの日」を前にして、子育て世代に朗報です。
 吹田市が今年の9月から「乳幼児医療費助成制度」を「子ども医療費助成制度」に名称を改め、対象を現行通入院で就学前まで、入院で小学6年生までを、通院、入院とも中学3年生まで拡充することを決定しました。

 対象年齢を拡大するために関係する条例の改正案と補正予算案が、14日から開催される予定の5月定例議会に提出されます。

 乳幼児医療費助成制度は1992年に導入されましたが、当時は大阪府下で他市に先がけて実施されました。所得制限はありませんでした。日本共産党は市民の要望をうけて議会で一貫して要求してきました。

 その後毎年のように対象年齢が拡大され、途中で所得制限が導入されたことは問題ですが、一定の評価をしてきました。

 しかし子育て支援、少子化対策として全国的に導入されるなかで、府下近隣市でも箕面市では中学3年生まで所得制限なしで実施するなど、吹田市が他市に遅れるような状況になってきていました。

 日本共産党は毎年の予算要望書に「対象は中学校卒業まで拡充をはかる。所得制限は撤廃するなど」として、議会で再三取り上げ要求してきました。

 今回の3月議会でも代表質問や福祉環境委員会で他市の状況も示しながら質問し、担当部からは「拡充については喫緊の課題と認識している」との積極的な答弁を引き出しました。

 その後に庁内で検討され、4月に今回の内容が発表されました。今後議会に提案され審議されますが、これまでの市民の充実を求める運動の大きな成果であり、日本共産党もそのために努力してきました。

 四月二十日に千里山西地域の千里山会館で「府政・市政報告会」が行われました。そろり邦雄府会議員と竹村博之市会議員からそれぞれ2月・3月議会について報告されました。参加者との意見交換では「維新の会が二重行政と言っている意味は」「100条委員会は現状どのような段階なのか」などの質問に両議員が応えました。

repo.jpg


朗報!吹田市が「子ども医療費助成制度」の対象を中学校3年生まで拡大を決定(9月から)

子育て真っ最中のみなさん、朗報です。まだ詳細はすべて把握していませんが、本日の夕方の6時ごろに吹田市から市議会議員あてにメールが届きました。開けてみるといくつかの項目のひとつに「乳幼児医療費等助成制度」の名称を「子ども医療費助成制度」に改め、対象を現行の、通院は就学前児童、入院は小学生6年生までを、9月から通院、入院について中学生3年生まで大幅に拡大しようとする内容です。

実施に必要な条例改正や補正予算については、市議会5月定例会に提案する予定で準備していくことが書かれていました。日本共産党市会議員団は制度の拡充を機会あるごとに要求してきました。3月市議会でもとりあげ、吹田市は「喫緊の課題と認識している。検討する」と答えていました。子育てするみなさんと、関係者のみなさんの大きな成果です。とりあえず一報です。


中学校同窓会はいつでも楽しい(13日)・少年サッカースクール開校(14日)


13日の女性のつどいの後、豊津中学校時代の同窓会が江坂であり、大幅に遅れて参加しました。10数人がわいわいと盛りあがっていました。2時間以上たっていましたが、かけつけ三杯で遅れをとりもどし、なつかしい話しに花がさきました。あれから40年、みんなあんまり変わらんなあ。行ってよかったです。

14日、小学生を対象にしたサッカースクールの開校式がありました。毎年コーチのひとりとして参加しています。
スクールの目標はこどもたちにサッカーを好きになってもらうことです。毎回は参加できませんが、こどもたちに楽しくコーチングできたらと思います。場所は南吹田市民体育館と隣接したグラウンドです。

女性後援会のつどい・コータローがうったえ、盛会でした(13日)


13日、吹田市文化会館メイシアターで「日本共産党吹田女性後援会のつどい」がおこなわれました。そろり邦雄大阪府会議員から「府民犠牲の維新にたちむかう日本共産党の役割」と題して講演がありました。世論調査でうきあがる、維新への支持がいかに政策抜きの勢いだけのものなのかを分かりやすく解明しました。

つづいて8人の市会議員がリレートーク。テーマ毎に発言し、私からは「アベノミクスによるいっそうの格差と貧困の広がりの危険性、自己責任と競争主義の押しつけで大人も子どももストレスを抱えている。勝利至上主義のスポーツで体罰や学校でいじめがひろがっているのと根は一緒であり、日本共産党の躍進で政治を変えましょう。たつみコータロー候補は高校時代ラグビー選手、私はサッカーをし、フェアなスポーツを愛好している。二人で走りに走り抜いて、なんとしても勝利するためにがんばります」と訴えました。

つづいて、そろり邦雄議員のギターによる伴奏で「走れ、コータロー」の替え歌で市会議員団が会場を盛り上げて、そこへコータロー候補が登場。万雷の拍手にむかえられました。
たつみコータロー参院大阪選挙区予定候補は36才、アメリカの大学に4年間留学、ボランティア活動、大阪の「生活と健康を守る会」の中心的役割をはたしてきた試されずみの日本共産党の候補者です。

演説内容はここでは書けませんが、19日(金)の午後7時からナンバの府立体育館で志位和夫委員長と山下よしき参議院議員、そしてたつみコータロー候補が大会場でうったえる「日本共産党大演説会」が予定されています。ぜひおこしください。


原発事故の収束宣言は撤回し、ただちに「原発ゼロ」に

13日の5時33分に淡路島を震源にした地震が発生した。その瞬間、ふとんの中で目を覚ましたが最初は「あれ…」という感じでしたが、揺れが続くにつれ振動が大きく感じたのは多分9階建てのマンションの8階だからだったと思います。すぐにテレビをつけて見ました。声もかけないのに家族が集まってきました。5人が画面のテロップに見入っていましたが、社会人や大学生のいつもはどこにいるのか分からないような連中も「今日はいたのか」という感じで安否確認ができました。

その後、吹田市の危機管理の担当者に確認しましたが、吹田市が震度3、現時点で特に被害は把握していないということであった。まずはよかったが、淡路島では被害も発生しているとの報道である。被災者のみなさんにはお見舞い申し上げます。

とにかく日本は地震大国です。こんな自然環境なのによくも原発を全国で50基以上もつくったものです。政府は福島原発事故の収束宣言を撤回し、すべての原発を廃止する時ではないか。安全神話をふりまき、原発を推進してきた歴代自民党政治の責任は重い。



「市政報告」第157号発行しました。子どもにとって、うれしい話しと「え!なんで」という話し


 「市政報告」第157号です。子どもたちが過ごす普通教室のエアコン設置が各学校で実現します。学校の耐震化は2015年度までの計画ですすめられています。エアコンは中学校は3年計画で今年度が最終年となります。小学校は6年計画で2016年度が最終年となります。

 幼保一体化については吹田市のホームページで見ることができます。日本共産党は、公立幼稚園の廃園という重大な問題を、関係者の声もまともに聞かずに拙速に決めるべきでないと議会でも強く求めています。

れぽ

小学校入学式、市長杯開会式、後援会花見、自治会総会など(5日〜7日)

4月5日(金)豊津第一小学校の入学式に出席。新入生、保護者のみなさん、おめでとうございます。生徒数は161名で5クラスありました。全校生徒1000名を超える市内で有数の大規模な小学校です。2年生による歓迎のことばとハーモニカ、合唱で盛り上げてくれました。一年経つとこんなにりっぱになるのかと、来賓のみなさんと感心しきりでした。男の子は見た限り全員がネクタイ姿でしたが、「今年はたちになる息子は普段着のトレーナーだったな」となぜか思い出していました。

6日(土)日本共産党吹田垂水、江坂後援会が共催で恒例の花見をしました。あいにくの雨で地元の事務所でおこないました。参加者は多くなかったですが、その分ざっくばらんに和気あいあいと交流しました。

夜、メイシアターで「2013年度 吹田市長杯旗争奪 総合開会式」に出席しました。オープニングはガンバ大阪のチィアリーダーの演技で参加者を歓迎してくれました。吹田市体育協会功労者表彰や吹田市公認スポーツ指導員認定証授与、選手宣誓などがありましたが、体育協会加盟団体が36団体と吹田市の市民スポーツがいかに活発かということや、各連盟のみなさんがボランティアで市民スポーツを支えておられるのかがよくわかります。市民スポーツの拠点となる市民体育館などの施設をいっそう充実するなど、行政に求められる仕事です。

7日(日)在住する自治会の総会に出席しました。予定していた総会後の花見は中止して、同じ会場で親睦会となりました。新しい役員さんも参加されて、話しもはずんでまた顔見知りが増えました。一年間仲良く地域活動もすすめていきたいと思います。よろしくお願いします。

「市政報告・第156号」発行しました。新年度予算にたいする組み替え動議と老人医療費助成制度の延期の提案、国民健康保険料の値上げに反対する意見など

「市政報告」を掲載します。しんぶん「赤旗」読者と駅前宣伝で活用しています。

レポ


市立保育園の入園、進級式が盛大に、おめでとうございます

きょうは朝から緑地公園駅前で街頭宣伝しました。新年度で新入社員のような若者が目立ちました。学生は春休みであまり見られませんでした。毎週の定例で一年中のことなので、顔見知りもたくさん目の前を行かれますが、今朝はじめて会うような人が大勢いました。

お互い顔がわかる関係というのは時間がかかりますが、ビラをとらなかったり、返事が返ってこない人もなんとなく目であいさつするような関係ができれば、なにかのきっかけで話しができる経験を何度もしています。「おはようございます、ご苦労さまです。いってらっしゃい、日本共産党参院大阪選挙区はたつみコータローとおねがいします!」

間髪を入れずに午前9 時からの吹田市立保育園の入園、進級式に出席しました。垂水保育園に行きました。ここは3人の子どもがお世話になった保育所です。用事がないとめったに園内には入らなくなったので、ホールに入るのは数年ぶりです。10年以上毎日送り迎えをしたことを思い出して、涙がでるくらいなつかしかった。園児、保護者、先生方みなさんうれしさいっぱいの様子でした。

式では紹介をしていただきました。「私と子ども3人が毎日通ったなつかしい垂水保育園です。毎年OB会で花見をしたり一泊旅行にいっています。子育てや働く環境は必ずしもよくありませんが、みんなで力をあわせましょう。私も全力でがんばりたいと思います。おめでとうございました」と心のなかであいさつしました。(時間の都合で)


市民の命と暮らしを守る防波堤として奮闘・3月市議会で予算の組み替えを提案

市民の命と暮らしを守る防波堤として奮闘・3月議会
 
 市議会3月定例会が先月27日に終了しました。維新の会の市長のもとで(不祥事で維新の会は離脱)福祉予算や市民サービスが削減されるなかで、日本共産党市議団は「市民生活を守れ」と奮闘しました。
 
 市長は2年前の就任時に法的な根拠もなく「財政非常事態宣言」をしましたが、それを口実にして福祉や医療、子育て支援を次々と廃止や縮小してきました。
 また保育所や幼稚園、学童保育の保育料、国民健康保険料の値上げ、さらに各施設使用料の大幅な値上げなど関係者の声を聞かずにすすめています。

予算の組み替え動議を提案 
 
 最終日に日本共産党は「一般会計予算の組み替えを求める動議」を提案しました。その内容は①公立保育園の延長保育料徴収を行わない②私立保育所に対する運営費助成事業の削減をやめる③保育料の据え置き④市独自の障害児・者への負担軽減策の継続⑤医療費助成認定審査事業の継続⑥はり・きゅう・マッサージ事業の継続の6項目です。
 吹田市の新年度の一般会計予算は約1050億円ですが、組み替えに必要な予算はわずか1億8千万円でその内容は切実なものばかりです。採決では自民系、公明党、民主系などの会派が背をむけて否決されました。
 
 また老人医療費助成制度についても今年の7月末で廃止されようとしており、国の医療制度の動向をみながら1年間の延期を市議団として提案しました。自民系、公明党、民主系、新選会などが反対して否決となりましたが、賛同を得た会派もあり、これからの取り組みが求められます。
 引きつづき「福祉の吹田」「子育ての吹田」を守るためにがんばります。



プロフィール

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。