日本共産党大演説会(30日・なんば府立体育館)、志位委員長が全国遊説スタート


 演説会では最初に、次期衆院選で府内の各小選挙区で奮闘中の予定候補者のみなさんが登壇し、会場を埋め尽くした参加者から万雷の拍手を受けました。右から5人目が石川たえ7区国政対策委員長です。せっかくですから広い会場の最前列から5列目ぐらいで席をみつけてすわりました。

志位①


 弁士のトップバッターは来年夏の参議院選挙で改選となる比例代表の山下よしき参議院議員。橋下大阪市長の「思想調査」問題を国会で追及した山下議員は「維新の会になびいている他の政党ではできない。戦前から自由と民主主義の旗を降ろさなかった党だからこそできた質問です」と訴えました。

志位②


 二番手は衆院比例候補でもある宮本たけし衆院議員。いつもながら迫力があります。日本共産党は比例近畿ブロックでは現有3議席を4議席にふやし、全国的には議席を倍増させようと取り組んでいます。

志位③


 ゲストとして登壇した前大阪府教育委員会委員長の生野さんは、医師として子どもたちの実態を告発されました。「必要なのは学力競争ではありません。人間としての知恵や深みです。がんばる子どもたちをのばす大阪にしてください」と語り、共感の拍手が鳴りやみませんでした。

志位⑤


 国会からかけつけた日本共産党の志位和夫委員長が登壇。この大阪から全国遊説をスタートさせました。原発、TPP、経済、外交、領土問題など縦横に語り、野田政権を解散・総選挙に追い込み、党の躍進でゆがんだ日本の政治を国民本位に打開するために力を尽くす決意を表明しました。

志位⑥


 現職の国会議員からの話しはどれもリアルで興味深い内容でした。山下参院議員、宮本衆院議員の国会報告は日本共産党だからこその質問ということがよくわかりました。生野さんの子どもの実態と懸命にがんばる姿、競争教育への警告は、日本共産党がもっとがんばらなければと感じるような大変感動する話しでした。ありがとうございました。

志位⑦
スポンサーサイト

「学童農園」で稲刈り、子どもたちが農業体験。貴重な授業(10月22日)


 6月に田植えがおこなわれ見学させていただきました。その時から秋の稲刈りにもぜひにと思い、楽しみにして参加させてもらいました。少し暑いくらいの晴天のもとで、豊津第一小学校の5年生がいまかと待ち構えています。最初に農業委員会関係者のみなさんから出席者の紹介と稲刈りの説明、実演がありました。

学童農園①


 さあいよいよ始まりました。恐る恐るの手つきで、時間内で終わるかなと心配でしたが、注意を受けながら段々と鎌を持つ手の動きがスムーズに。

学童農園②

 人海戦術で見る見る刈られていきます。

学童農園③


 刈った稲の束を脱穀機にいれていきます。農家の方の年季のはいった手つきが頼もしい。保護者のみなさんも多数見学に。帰ったら話しがはずんだことでしょう。

学童農園④


 みんなでいい汗かいて受け持ちの稲刈り終了です。子どもたちにとっては本当にいい経験だと思います。 

学童農園⑤


 つづいて、千里第三小学校のみなさんの実習の時間です。

学童農園⑥


 千三小学校の受け持ちは「もち米」だそうです。収穫し後日、餅つきも予定されているそうです。田のオーナーさんはもちろん農業委員会、農協、市職員、保護者のすべてのみなさん、子どもたちのために引き続きよろしくお願いします。吹田市内で35校のうち20校で「学童農園」が実施されています。関係者のみなさんの協力がなければできない事業です。ほんとうにありがとうございます。

学童農園⑦

一輪車、大縄跳び、リレー、ソーラン節などなど楽しい「学童保育大運動会」(10月21日)


 さわやかな秋晴れのもと、「学童保育大運動会」が地元の小学校でおこなわれたので、早朝の開会式から参観させていただきました。
 吹田市の学童保育は小学1年生から3年生の放課後で保護者の就労支援、子育て支援のための制度です。子どもが3人とも豊一小学校ほしのこ学級でお世話になりました。学童保育がなければ親は安心して働くこともできませんし、子どもには安全に集団で遊び成長する機会ともなります。ますますの充実を願います。
 オープニングは学童保育らしい一輪車での入場行進となりました。日ごろの練習の成果に拍手かっさいでした。

ブログ①

 大会実行委員長の前で各学級(各学校)を代表して「選手宣誓」です。おきまりの宣誓ではなく、自由闊達で感心しました。

ブログ②

 大縄跳びに挑戦。息をあわせるのがなかなか難しい競技ですが、だからこそ達成感があります。写真ではたぶん真ん中の子(足がのびている)がロープにひっかかっているようですが。影をみるとよくわかります。

ブログ③

 小学校の運動会と同じように赤白対抗で点数を競っていました。最後の点数発表で大いに盛りあがりました。表彰式、閉会のあいさつで終了。実行委員会、保護者のみなさん、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

ブログ④

わかたけ園の運動会(20日)、花とみどりのフェア(江坂公園・20日~21日)に参加

 片山小学校体育館で行われた、わかたけ園(市立肢体不自由児通園施設)の運動会に出席しました。当園は就学前の子どもさんが保護者とともに通園して機能回復訓練や療育指導により、機能の向上・改善をはかる施設です。今年は市議会福祉環境常任委員会に所属していることもあり、数年ぶりに参観させていただきました。玉井みき子委員長も同席していました。玉井さんは毎年のように出席しているそうです。

ブログ①

ブログ②


 午後は江坂公園で開催されている「花とみどりのフェア」を見て回りました。市内の生産者のみなさんによる「直売コーナー」がにぎわっていました。吹田産の新米や野菜をたくさん買いました。新米を次の日においしくいただきました。

ブログ③

 吹田市造園組合のみなさんによる花屋さんも店をならべています。あべ誠行元府会議員がたくさんの野菜や花をかかえている姿も見られました。毎年足をはこんでいるそうです。ご苦労様です。「フェア」は2日間でした。早朝から最後までお世話いただいたすべての関係者のみなさん、本当にありがとうございました。

ブログ④

「市政報告・第150号」を発行しました。9月議会の個人質問を紹介しています。


 9月6日から26日まで「9月定例会」が行われました。今回から本会議質問に従来の「一括質問一括答弁」方式と新たに「一問一答」方式が選択制で導入されています。また吹田市のホームページから市議会を検索すれば録画放映を見ることができます。関心のある方はぜひご覧ください。

ブログ

沖縄でまた米兵による凶悪犯罪が。安保条約そのものが問われている。


 この国はどうなっているのか、と思う事件が沖縄でまた起こった。16日未明に引き起こされた「米兵暴行事件」の報道が17日の新聞やネットで大きく取り上げられている。読売、産経は紙面構成上「そんなこともありました」程度の扱いでしたが。

 「しんぶん赤旗」には一面トップで事件の背景や現地沖縄での衝撃の大きさ、怒り、知事、県議会、県民の反応について詳しく報道していました。ひいき目ではなく、沖縄の米軍基地があるがゆえの事件や現地の人々の思いを知るためには「赤旗」が欠かせないと改めて感じました。

 日本にある米軍基地の法的根拠は「安保条約」です。具体的には「地位協定」というのがあります。米軍基地が集中する沖縄では、この協定の不平等性というのがかねてから指摘され、改善が求められてきましたが、小手先だけで根本的な問題が解消されていないのが実態であるといわれています。
 
 今回の事件でいえば、暴行した2人の米兵は公務中(つまり仕事中)ではなかったので(つまりプライベート)、沖縄県警が逮捕し取り調べをおこなっていますが、これが公務中だと認定されれば(米軍当局が認定する)現地警察は逮捕権さえ認められなかったかも知れません。

 これまで公務中の事故、事件だといって、犯人が基地に逃げ込めば被害者は泣き寝入り、そのままアメリカ本国に帰国してしまえば事故、事件がなかったことになって、凶悪な犯罪であってもなんのおとがめなしというのがこれまでの大半の実態であったといわれていますが、今回の事件もそうならなかった保証は、「地位協定」上ではなにもないというのが現実です。

 事件の解明、被害者への謝罪・補償はもちろんですが、米兵による凶悪犯罪を根絶させるためには「安保条約」そのものが問われていると思います。日本共産党は「安保条約」を廃棄してアメリカとは「平和・友好条約」を結び、基地をなくすことをめざしています。

 

「予算要望団体懇談会」を開催(日本共産党吹田市会議員団・10月16日)

 地方自治体ではこれから年末にかけて、来年度の予算編成の時期となります。議員団が毎年主催している「予算要望団体懇談会」に、今回は市内の21団体の代表のみなさんに参加をしていただきました。
 最初に衆院大阪7区国政対策委員長の石川たえさんから政治革新にかける決意のあいさつがありました。つづいて、そろり邦雄大阪府会議員から開会中の府議会報告がありました。

ブログ①


 議員団から、昨年吹田市に提出した「予算要望書」についてその後の取り組み状況や成果について報告がされ、つづいて参加者から団体としての要望、取り組み内容について順次発言をしていただきました。

ブログ②


 議員団としては、今回だされた発言もふくめて各団体からよせられた要望を整理し、「2013年度・予算要望書」としてとりまとめ、10月末をめどに吹田市長にたいして提出する予定です。

ブログ③

シーズン最後を飾る豊一幼稚園運動会、にぎやかな蔵人のお祭り、耐震工事が終了した市営豊津住宅T4,T5棟など(10月14日)

 保育園、幼稚園、小中学校、市民体育祭と運動会シーズンの地域での最後を飾るのが、市立豊津第一幼稚園の運動会です。秋の風がさわやかな絶好の運動会びよりとなりました。開会式から終了までたっぷりと楽しませていただきました。ありがとうございました。

ブログ①


 年長さんのきているTシャツは、手作りの絵柄で個性がひかります。練習の成果がよく見えて拍手かっさいです。

ブログ②


 水中大作戦(タイヤとり)は定番のプログラムです。今年の運動会のテーマは「マリーン」(海)でプログラム構成されていて、ストーリーが読み取れました。なかなか奥が深いなあ。

ブログ③


 水中で障害物競争をしている感じかな。園児は真剣な顔、観覧者はうれしそうな顔でした。

ブログ④


 最後はどこでもリレーとなります。先生方、保護者のみなさん早朝からお疲れさまでした。

ブログ⑤


 午後からは地域にはいって、後援会のみなさんといっしょに対話行動をしました。途中、蔵人の稲荷神社のお祭りで地元のみなさんによるにぎやかなお神輿に遭遇。ご苦労さまです、いつもお世話になります。

ブログ⑥


 市営豊津住宅ではT4棟とT5棟の耐震工事が終了しているのを確認しました。昨年度からすすめられていた事業で、一安心となりました。ちなみにT1棟とT3棟はすでに完了しています。残るT2棟については建て替えが必要と判断されており、佐竹台で新築される市営住宅への転居や現地での建て替えなど検討中、住民説明も順次行っていくというのが市の担当部の見解です。

ブログ⑦

連日の街頭宣伝が評判に(10月9日・大型宣伝カー、10日・豊津駅前夕方宣伝)


 正午前の江坂のオフィス街で、大型宣伝カーのうえから街頭演説をしています。「吠える市会議員」と評判(?)です。このあと党事務所に「音が大きすぎる」と苦情が寄せられたそうですが・・・反省。

宣伝①


 次の日はおなじみの阪急豊津駅前で夕方の街頭宣伝です。総選挙が近いということで、石川たえ日本共産党大阪7区国政対策委員長といっしょの宣伝行動が増えてきました。街頭では市民のみなさんとの対話も活発になっています。演説を聞いていたなじみの人からも「石川さんの演説がソフトで大変わかりやすい」と評判です。

宣伝②

市民スポーツの季節、各地で市民体育祭が盛大に開催(7日)。リレーで優勝、いい気分です。大会関係者のみなさん、ありがとうございました。


 ピースサインではなく、勝利のVサインです。7日(日)は地元の豊一地区市民体育祭に参加。私が第一走者で出場した、自治会対抗450mリレーで男子チームが一丸となって見事に優勝。このあと女子チーム、子ども会リレー決勝でも熱戦を繰り広げて、連続して優勝。応援席でも声援と喜びで大いにもりあがった今年の大会となりました。

ブログ①


 子ども会リレーは小学1年生から6年生まで男女計12人がチームです。予選と決勝があり、学校の運動会ではやらない、低学年はリレーを経験し、4年生からはグランド一周というルールです。抜きつ抜かれるでなかなか見ごたえがあり、最終競技である決勝ではその熱戦に、会場は興奮のるつぼと化します。

ブログ②


 がんばったあとは、景品がもれなくもらえるのも市民体育祭のうれしいところ。今年は市の補助金がけずられたので、影響はどうかな。

ブログ③


 当日は豊二、江坂大池、千三、千里新田の各地区市民体育祭にも行かせていただきました。準備をされた実行委員会、各自治会役員、すべての参加者のみなさん、お疲れさまでした。ありがとうございました。


子どもたちの晴れ晴れとした演技に感動(10月6日)


 きょうは運動会びよりとなりました。少し雲がありますが、暑くもなくちょうどいい感じです。市立垂水保育園は園庭が狭いので毎年、玉ノ井公園で運動会をしています。私の3人の子どもも垂水保育園で育ててもらいました。園児のうれしそうな顔みていると自分の子どもや同じクラスだった子たちの姿が思い浮かびます。なつかしくて最後まで見ていたい気分です。

運動会①


 オープニングは年長さん(ゆり組)による、エイサーの披露です。さすがは、ゆりさんです。

運動会②


 つぎに移動したのは、市立江坂大池幼稚園の運動会会場です。

運動会③


 来賓、PTAのみなさんも参加して幼稚園児と玉入れをしました。目の前で撮影したのでなかなか迫力のあるシーンだと自画自賛です。さて空中にある玉は何個でしょう。

運動会④


 雲隠れの術!目を見張るような技に拍手喝さいでした。準備していただいた先生方、保護者のみなさんありがとうございました。

運動会⑤

世論の力で追いつめ「しんぶん赤旗」排除を撤回(原子力規制委員会/10月2日発表)させたのは快挙!

 9月30日の「日記帳」で、原子力規制委員会が記者会見で「しんぶん赤旗」を排除したことについて書きましたが、その後も高まる世論や良識あるメディア、ジャーナリストの抗議、「しんぶん赤旗」が「抗議文」を届け、連日報道する中で規制委員会の実務を担当する原子力規制庁が、10月2日に排除方針を撤回し会見参加を認めると発表しました。(詳しくは10月3日付「しんぶん赤旗」をご覧ください。ホームページも可)
 
 いかに規制委員会のやり方に道理がなかったかということと、心あるメディア、ジャーナリストが自らの問題として声をあげたということ、「真実を知りたい」という国民の願いと、不当な報道規制がいかに相対立しているかということを証明した出来事ではないかと思います。
 
 機敏な反撃で規制委員会の動きを封じ込めた事は快挙です。引き続き原発推進勢力は国民から真実を隠し、国民の間に分断を持ち込み(特定の主義主張などといって世論をゆがめる)、全国で原発再稼働、原発建設を進めようとしています。
 「2度と国民はだまされないぞ」の決意を新たにして「即時原発ゼロ」をめざしていきましょう。

 

原発ゼロ、消費税増税ストップ、オスプレイ配備やめよ、尖閣諸島問題解決は外交努力で、など街頭から(9月28日・阪急豊津駅前)

 石川たえ(衆院大阪7区国政対策委員長)さんと街頭宣伝をしました。そろり邦雄府会議員も議会中ですがかけつけ、3人でにぎやかに宣伝できました。夕方5時から約1時間でしたが、車や人通りも多い時間帯で、ドライバーが手をふってくれたり、「そろりさん、竹村さんの演説が聞こえたので」とわざわざ声もかけていただきました。

 そろり府会議員は豊津中学校、春日丘高校の先輩で一緒に街頭にでると、それぞれの知り合いによく出くわすのが特徴です。対話もはずみ、ひとりの方に「しんぶん赤旗」の日曜版をお願いして、快く購読してもらいました。

 石川さんの演説もよりわかりやすく、親しみのある内容となってきました。日本共産党の活動スタイルは「国民が主人公」の理念にもとづいています。

ブログ②

プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR