原子力規制委員会の「しんぶん赤旗」排除は、原発ゼロをめざす運動を敵視し、国民の「知る権利」を制限する重大問題


 今日は台風17号の影響でお天気が荒れています。日刊「しんぶん赤旗」の配達が日曜日の朝一番の仕事です。新聞がぬれたら読者に迷惑なので、雨がふらないように祈りながらの配達となりましたが、無事終了してほっとしました。
 
 30日付一面のトップ記事は『「赤旗」排除ありきの原子力規制委』『理由は日替わり大迷走』『特定の主義主張→政党機関紙→会見場の狭さ』の見出しで政府が発足させた原子力規制委員会の不当性、国民の「知る権利」を制限するやり方をきびしく批判しています。
 だいたい、民主主義を保証するための重要なひとつは、メディアの自由な取材や報道、権力を批判する権利、手段が幅広く保証されていることではないか。その一つが新聞ですし、政党の機関紙であっても同じです。逆にそれらが保証されていなければ、権力は腐敗し、国民をだまし、国民の正当な権利をおびやかす危険性があるのではないか、それがこれまでの歴史の真実だと思います。
 
 原発問題で一貫して「安全神話」の不当性を告発し(九電の「やらせメール」問題など)、原発ゼロをめざす人々を励まし(毎週の官邸前抗議行動など)、国民に真実を伝えることを使命として日々報道しているのが日本共産党の「しんぶん赤旗」です。排除することは、「原子力ムラ」といわれる連中には都合がいいでしょうが(大手商業新聞もその一人)、国民の命や安全にとっては危険です。
 
 抗議と批判を前に迷走したあげく「会見場が狭い」などという理由はお笑いものです。「最初に言った事がだいたい本心だ」といわれます。原子力規制委は「原発ゼロ」「安全神話はウソ」を主張し、スクープも含めて真実を報道する「しんぶん赤旗」を敵視し主義が違うといって排除しようとしていることは明白だと思います。
 民主主義を守るために、良識あるジャーナリスト、メディアを含めて国民は許さないでしょう。
スポンサーサイト

原発ゼロ・再稼働反対デモに参加(主催 脱原発吹田ワカモノでも実行委員会)9月23日


 23日に原発ゼロに向けたデモ行進に参加しました。出発集会が垂水上池公園でおこなわれました。いろんな楽器を携えてどこからともなく若者が集まってきます。集会では日本共産党の石川たえ大阪7区国政対策委員長も連帯のあいさつをしました。山根たけと議員と出発前に記念写真をパチリ。

ブログ⑫


 ツイッターやビラをみて約80人がパレードに参加しました。阪急豊津駅前を通り、商店街をぬけ、江坂の高層マンションに「原発いらない」「再稼働反対」のシュプレヒコールが音楽のリズムに乗って響きました。沿道の市民に注目され、けっこうマンションの高層階から住民が手を振ってくれました。

ブログ⑨


 終点は江坂公園です。この場で「原発ゼロの会吹田」の結成が提案され、参加者が拍手で了解しました。今後、「原発ゼロ」の一点で活動していくことが確認されました。関係ありませんが、向こうに見える建物が私のマンションです。

ブログ⑩


 そろり邦雄府会議員、山根たけと市会議員、上垣優子市会議員も参加。中央が石川たえ国政対策委員長。

ブログ⑪


敬老会、よっといで祭、新婦人小組体験会、あいほうぷ祭など参加しました。関係者のみなさん、ありがとうございます。


 16日(日)午前は豊一地区敬老会に出席。地元市会議員を代表してごあいさつをさせていただきました。今年から金婚お祝いがなくなりました。これも維新の会市長の「財政非常事態宣言」のおかげです。みなさんと親しくごあいさつをしてほっとしました。

ブログ①

 午後は千里南公園で毎年恒例の「よっといで祭」に参加しました。市民参加の手作りのお祭りでいつも楽しみにしています。佳境にはいったステージでは普天間かおりさんの歌声が広がり、なごやかな雰囲気につつまれます。

ブログ②

 子育てや平和のコーナー、手作りの模擬店など盛りだくさんの行事です。今年も約4万人が参加しました。

ブログ③

 22日(土)は豊一市民センターで新婦人(新日本婦人の会)の催しを見学しました。私のパートナーも会員です。子どもさんを連れた若いおかあさんも多数こられてました。絵手紙、お肌ケア、うたごえ、子育てなど各コーナーが設けられて盛況でした。

ブログ④

 会員さんがつくったケーキや産直米のおにぎりをおいしくいただきました。ありがとうございました。

ブログ⑤

 お米や野菜など産直運動もされています。我が家も日ごろの食卓でお世話になっています。

ブログ⑥

 同じく22日の夕方は北千里にある市立の障害者施設(あいほうぷ)でお祭りがありました。太鼓演奏でオープン。ステージでは大阪学院高校のチアリーダーの演技、鳴子踊り、フラダンスなど多彩な出し物で拍手喝さいでした。

ブログ⑦


ブログ⑧

 

一週間のできごと。9月市議会、駅前宣伝、みんなの健康展、豊津中ブラスバンド、摂津市長選など。

 6日から市議会9月定例会がはじまりました。なかなか落ち着いて「日記帳」の更新に手がつかない状態となってきました。先週一週間の出来事をかいつまんで書きます。
 8月にはいって中断していた駅前早朝宣伝を8月最終週より再開しました。(月)江坂駅(火)緑地駅(水)千里山駅(木)豊津駅の順番で地域の後援会のみなさんの協力も得て行っています。千里山駅西側の様子です。衆院大阪7区の石川たえ国政対策委員長ののぼりが目印です。

ブログ①

 8日、9日と吹田市文化会館メイシアターで「みんなの健康展」が開催されました。医師会、歯科医師会、薬剤師会などの協力、市民参加で毎年盛況です。

ブログ②

 展示コーナーも目をひきます。絵を描いているときの、真剣で楽しそうな子どもたちの様子が想像されます。こういう絵を指導する先生に感心しました。

ブログ③

 8日にメイシアター大ホールで豊津中学校ブラスバンド部の定期演奏会がありました。私の母校から直接案内をいただいて、短時間ですが聞きに行きました。生徒のみなさんが大ホールで堂々と演奏しているのに感動しました。

ブログ④

 9日にはお隣の摂津市で市長選挙が告示され、日本共産党が推薦する山下信行候補の出発式に参加してきました。


千里ニュータウンプラザが完成、内覧会に参加(8月28日)・南千里駅前

 阪急南千里駅前に千里ニュータウンプラザがオープンしました。千里センターの建替えにともなって計画され、総工費が約90億円の複合施設として建設されました。8階ある立派な建物です。

千里①

 2階の玄関から入ると総合案内があり、地元の柿原まき議員が笑顔で応対してくれました。(笑)

千里③

 4階には保健センター南千里分館、口腔ケアセンターが設置されています。口腔ケアセンターは歯科医師会の協力で運営する吹田市ではじめての施設となります。甘いおやつが好きな玉井みき子議員がお世話になるかも知れません。

千里④

 口腔ケアセンターでは歯科治療を体験できます。上垣優子議員が歯医者さんになって透明人間に治療中です。

千里⑤

 最上階の8階には平和祈念資料室が入りました。旧市民会館から移転し、映像コーナーなども充実しました。「非核平和都市宣言」をピーアール、体現する施設として、有意義な活用が期待されます。

千里⑦

 その他、千里出張所、花とみどりの情報センター、地域保健福祉センター、高齢者生きがい活動センター、大ホール、情報館、市民公益活動センター、国際交流センター、千里図書館、地区公民館などが設置されています。

千里⑧

 地下駐輪場で自動販売機にパンチして、ジュースを無理やり取ろうとする山根たけと議員です。こらこら!
実は緊急時にはガラスを突き破って飲料品を取ることができる仕組みらしいです。

千里⑨


市議会9月定例会が6日から26日まで。「市政報告」第149号を発行しました。駅前宣伝などで配布します。


レポ

(本文)

 9月6日から26日までの会期で定例会が始まりました。
 市長の言う「財政非常事態」のもと市民サービスが削減されるなかで、市民からは「高齢者や障害者に冷たいやり方」「市民の声を聞いて」など声が寄せられています。
 日本共産党は関係者へのアンケートで実態調査をすすめていますが、それらも参考にして質問します。また今回から本会議質問に一問一答方式が採用されます。
 以下に主な日程と議案について紹介します。
〈日程〉
 6(木)提案説明
13(木)代表質問
14(金)代表質問
18(火)個人質問
19(水)個人質問
20(木)委員会
21(金)委員会
26(水)討論、採決
 その他随時、議会運営委員会等が行われます。
 請願、意見書要請は14日に締め切りとなります。
〈主な議案〉
■報告10件
・市関係車両や市管理道路上の不備で交通事故が発生し、その損害賠償の決定
・各会計繰越計算書
■条例11件
・暴力団の排除等に関する
条例(公共工事、公共施設等からの排除、不当要求行為の禁止等)
・土地開発基金条例の改正(土地開発公社の解散により基金を減額する)
・個人情報保護条例、情報公開条例、環境基本条例の改正(各審議会から市議会議員を除くため)
・図書館条例の改正(千里丘図書館を設置)
・母子生活支援施設条例の廃止(いずみ母子ホームを廃止)
・他、報酬及び費用弁償条例、消防表彰条例、火災予防条例、消防職員等の賞じゅつ金に関する条例の改正
■単行事件5件
・川面下水処理場工事契約
・保育園の事故の損害賠償
・土地開発公社の解散ほか
■予算4件
◎一般会計(約92億円)
・生活介護施設運営事業
・短期入所施設運営事業
・更生医療等給付事業
・日中一時支援事業
・児童手当システム改修
・保育業務システム改修
・予防接種事業
・地域防災計画推進事業
・防災体制推進事業
・空調設備整備事業(山田第二小学校)ほか
◎債務負担行為
・(仮称)千里山コミュニティ施設整備事業ほか
■その他
◎決算特別委員会の設置
◎監査委員、固定資産評価審査委員会委員の選任など
プロフィール

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR