「平和の塔」祈念献花式、平和・健康リレーマラソンに参加(7月21日・JR吹田駅前さんくす夢広場~千里南公園)


 今年も吹田市「平和の塔」祈念献花式と平和・健康リレーマラソン出発式が、JR吹田駅前さんくす広場で早朝から多くの団体と個人のみなさんの参加のもと行われました。日本共産党からは、そろり邦雄府会議員、各市会議員、大阪7区の石川たえ国政対策委員長等が参列し、戦争と原爆犠牲者にたいして冥福を祈り、核兵器廃絶を誓って、「平和の塔」に献花しました。

平和①


平和②

 式典の後、千里南公園までの8キロのコースを、約100人の市民ランナーのみなさんとともに沿道の人々にアピールしながら走りました。毎年参加しているあべ誠行元府会議員と昨年から山根たけと市会議員もいっしょに元気よくランニングです。

平和③

 今年は曇り空で例年にくらべて順調に走れましたが、山根氏はこのとおりの有様です。周りのランナーは一部冷やかです。(南千里駅前スクランブル交差点)

平和④

 快調、快調、日ごろの健康管理の成果です。どや顔でポーズ。 

平和⑤

 千里南公園で待つランナーにバトンタッチ。リレーマラソンがスタートしました。チームごとに6時間で公園内を周回します。一周走るごとに50円をカンパするというユニークなルールです。

平和⑥

 走り終えて爽快な気分で記念写真を撮りました。右から、あべ誠行元府会議員、山根たけと議員、竹村。

平和⑦


平和⑧
スポンサーサイト

自然を満喫、子どもたちの歓声が山に響く(京都美山町・由良川)


 7月15日、16日の連休に親子20人で京都府南丹市美山町に行ってきました。毎年バスをチャーターして、一泊旅行をしている仲間たちです。保育所あがりの子どもたちは、いつも会えば兄弟姉妹のように仲良しです。親も安心して参加しています。今回は自然文化村「かじか荘」に宿泊。キャンプ場などもあり、若いグループや親子連れ、釣り客(由良川は鮎釣りのメッカ)など、多くの利用があります。

ゆり①

 由良川の源流なので水がきれい。天候にも恵まれました。

ゆり②

 鮎などが川を上る道も格好のスポットになります。変化があって飽きません。子どもたちはいつまでも遊んでいます。

ゆり③

 川下り、けっこうスリルがあって楽しそう。

ゆり④

 2日目の午前中は木工ざいく。刃物を使うので緊張感があり、みんな真剣な顔つきでした。

ゆり⑤

 出来上がりがこれ。上の金具をひねると野鳥の鳴き声がします。キュキュッキュ!うまいこと考えられています。

ゆり⑥

 お世話になりました。楽しかった。また来たいね。帰りは日吉ダムなどに寄りながら無事帰阪しました。幹事さんありがとうございました。みなさんお疲れ!(前夜の交流会は大盛り上がりで、大人は寝不足でグッタリでした)

ゆり⑦

原発なくせ17万人・「さようなら原発10万人集会」に感動、確信ひろがる(17日緑地駅前宣伝)


 定例の駅前宣伝に立ちました。早朝から日差しが強く、今日一日が本格的な夏日になることを予感させます。暑い中のお勤めご苦労様です。
 昨日の東京・代々木公園で行われた「さようなら原発10万人集会」を1面いっぱいに報道した『しんぶん赤旗』を示しながら、今回も元気よくあいさつしました。他市からの若者グループに道案内もしました。いろいろあるのが街頭宣伝の楽しいところでもあります。

駅①


 しんぶん赤旗17日付1面トップの記事です。よびかけたミュージシャンの坂本龍一さんや作家の瀬戸内寂聴さんのあいさつも掲載されていて感銘しました。
 他紙の報道はいろいろですが、「毎日」が1面隅に写真いりで載せていたが、ほとんどが三面に小さく掲載していただけでした。しかし、これまでなにかにつけ国民の民主的な運動に極めて消極的だったマスコミのことを考えると、原発問題では潮目がかわりつつあるのではないかと感じます。

駅②


駅③

シンポジウム「中学校給食はなぜ必要か?子どもたちの身体・健康と食」(7月7日)

 シンポジウム「中学校給食はなぜ必要か?子どもたちの身体・健康と食」に参加してきました。主催は「豊かで安全な学校給食をめざす大阪連絡会」です。
 最初に管理栄養士の染原さんが「中学生をとりまく食の問題と学校給食」と題して問題提起的な講演をされました。1960年代を節目にして日本人の生活様式が大きく変化し、日常の食についても、インスタント食品、冷凍レトルト食品が出回り、食品添加物が1300~1500種類へと激増、食品輸入が拡大。着色料を使ったジュースや化学調味料が大流行した。70年代、マクドナルド出店、炭酸飲料、スナック菓子など。80年代、ぜんそく児が小児科にあふれ、食物アレルギー児、抗生物質がきかない、子どもの肥満等々現在にいたっていることがよくわかる内容の話しでした。
 

給食①

 後半はシンポジウム形式で進行しました。パネラー(発言者)として①吹田市の学校栄養士さん②松原市の中学校の先生③箕面市の元中学校の先生で現市会議員④守口市の学校調理員さん、がそれぞれの立場から各市の取り組みと現状の課題などについて語られました。
 その後参加者から地元地域の中学校給食についての取り組み状況など活発な発言があり、まとめでは「全国的には中学校給食は当たり前に実施されてきたが、大阪では大変遅れているのが現状である。橋下維新の会は中学校給食について責任ある対応をしてこなかった。これからもよりよい学校給食をめざして取り組みを広げていこう」などと確認されました。

 また機会があれば参加したいと思います。講師、パネラー、関係者のみなさん、ありがとうございました。

給食②

やっぱり許せへん!基本合意と骨格提言の実現を!7.11吹田大集会


 2006年、自公政権のもとで、障害者自立支援法が施行されました。法律によって①応益負担②障害程度区分③日額実績払い報酬を基本に障害者と家族、施設関係者に対して過酷な負担を強いるものとなりました。2008年、2009年に障害者自立支援法違憲訴訟が起こり、法律の廃止と抜本的な障害者制度の改善が強く求められ、全国的な運動がすすめられました。
 2009年に法律の廃止を公約した民主党政権が誕生し、2010年に国と違憲訴訟を提起したみなさんとの間で「基本合意」が行われ、和解がされました。その他の詳しい経過は省略しますが、その後、民主党政権はその約束を反故にして名称だけは「障害者総合支援法」と変更しましたが、基本的な内容はなにも変わらないものを国会に提案し、今国会で成立させてしましました。集会は政権にたいする抗議と新たな運動をすすめていこうという気持ちがあふれた内容でした。

 日本共産党市会議員団からは、倉沢、塩見、柿原、玉井、上垣、山根、竹村の各議員が来賓として参加し紹介をしていただきました。民主党の公約やぶりがこの問題でも露呈したことはもちろん、消費税増税談合と同じく、もともとは自民党・公明党が作った悪法であることを忘れてはならないと思います。
 
 集会は吹田市のメイシアタ中ホールでおこなわれ、オープニングは、のぞみ福祉会のみなさんによる演奏とコーラスで開会しました。サークルとはいえけっこう聞かせていただきました。

障害①


障害②


 後半は障害者のみなさんと、家族、施設職員のみなさんによるパネルディスカッションがおこなわれて、会場から共感の拍手が何度もおくられていました。みなさんご苦労様でした。ともにがんばりましょう。

障害③

幼稚園保育料の大幅値上げは子育て支援に逆行!「市政報告・第146号」発行しました


 5月市議会が6月6日に終了しました。文教産業委員会で継続審議になっていた議案のなかで、幼稚園に関わる案件について議論がされ、民主、自民、公明などが賛成して公立幼稚園の保育料が来年4月から大幅に値上げとなりました。
 6月27日に都市環境防災対策委員会が開かれて、市内の様々な形態の橋について修繕計画を策定することが報告されたのを機会に、かねてから要望していた老朽化した豊津駅前の糸田川にかけられた橋について改善を求めました。 

レポ

核兵器廃絶、原発ゼロ!原水爆禁止国民平和大行進に参加(7月6日・摂津市役所~吹田市役所)


 東京夢の島からスタートした「国民平和大行進」に今年も参加し、原爆なくそう!原発再稼働やめよ!と唱和して歩きました。府内コースで丸一日をかけて歩く高槻市役所から吹田市役所までの行進に、例年摂津市役所から参加しています。
 石川たえ国政対策委員長、山根たけと議員と記念写真。出発前集会では摂津市の副市長さんが激励のあいさつをされていました。

平和①

 行進先頭で歩く、日焼け対策万全の玉井みきこ議員。このときはまだ晴れていたノダ。

平和②

 シュプレヒコールに合わせてこぶしを上げる、上垣優子議員「野田首相は再稼働をやめるノダ」。阪急正雀駅を通過しJR岸辺駅前あたり。雨がパラパラとふってきました。

平和③

 途中から大雨に。写真左から、塩見みゆき議員、元参議院議員の橋本敦弁護士、倉沢さとし議員。橋本さんは毎年参加され、今回もお元気でした。

平和④

 「我が道をゆくノダ」岸辺駅から参加の村口はじめ議員。

平和⑤

 柿原まき議員、ひろ豊摂津市会議員も沿道の市民にアピール。とにかくコース終盤はどしゃぶりのゲリラ豪雨、全身びしょぬれ状態で忘れられない行進となりましたノダ。

平和⑥

 吹田市役所前の連帯集会。手書きの横断幕は、参加者の心が込められた力作です。

平和⑦

 紹介され、あいさつしているのが、全国各地から参加している通し行進者のみなさんです。本当に頭が下がる思いです。広島までの長い道のりですが、身体に気をつけて行ってください。みなさんと心は同じです。実行委員会のみなさん、ありがとうございました。集会では市議会代表で竹内忍一議長が激励のあいさつをされました。吹田市は市長も副市長も来ませんでした。

平和⑧

五月が丘・佐井寺後援会が「お楽しみボウリング大会」、竹村チームが準優勝!(6月30日)

五月①

 日本共産党五月が丘・佐井寺地域後援会主催の「ボウリング大会」がおこなわれ、出場しました。参加者が「竹村チーム」と「山根チーム」に分かれて真剣にかつ楽しくゲームしました。2ゲームの総得点を競いましたが、健闘むなしく山根チームの後塵を拝しました。 

五月②

 ゲームが終わればノーサイド。お互いの健闘を称え合い、プレゼントをいただきました。

五月③

 持ち寄りプレゼントをもらってうれしそうな山根たけとキャプテンです。なにが入っているのかな。また次回を楽しみにしています。後援会のみなさん、どうもありがとうございました。

五月④
プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR