青少年の宿泊施設(自然体験交流センター)の民間委託は問題、全国で子どもの重大事故が(吹田市議会7月定例会・文教市民委員会)

 8月12日に議会が終了しましたが、その最中に大阪府泉南市の学校プールで小学生1年の子どもさんが亡くなりました。学校で幼い子どもの命が奪われるなどけっしてあってはなりません。その後の報道で業務を担っていた民間会社の重大な過失とともに、泉南市当局の管理責任が明らかになってきています。

 現在、「小泉構造改革」といわれて自民公明政権がすすめた国民犠牲の傷跡がなくなるどころか、民主党政権のもとでもいっそうすすめられています。そのひとつが国民へのサービス、とりわけ本来行政が責任をもって担うべき仕事を安上がりに民間に担わせていく、「官から民へ」「小さな政府」というやり方です。

 命や健康、福祉や保育、教育、これらは民間の力を活用しながらもやはり行政が責任をもってすすめていくことが必要です。
 吹田市でも前市政のもとで市立の直営施設を次々と「指定管理者制度」の名で民間委託してきました。日本共産党は議会で一貫して反対をしています。以下は私が所属しています文教市民委員会の報告です。

 市立自然体験交流センターを市直営から管理運営について民間委託するとして、指定管理者制度を導入するため
の条例改正案については、「指定管理者制度は経費削減を第一の目的としており、全国のスポーツ施設などで安全対策よりも効率を優先した結果、取り返しのつかない重大事故が多発している。このセンターは宿泊を伴う青少年施設であり、市民が願っているのはより安全で充実した事業である。これまでどおり市直営が適当である」として反対しました。
 補正予算案では、特別職である教育長の給料、期末手当の減額について、根拠となる条例案が継続審議となり撤回されるとともに、大阪府の予算を活用して①研究学校事業(使える英語プロジェクト事業)として、小中一貫校をめざしている、千里たけみ小学校と竹見台中学校、さらに桃山台小学校に3年間のモデル事業の実施②子育て支援推進事業として、市内幼稚園にパソコン等の備品を購入することを了承しました。(文教市民委員会 村口はじめ委員長 竹村博之委員)


スポンサーサイト

元ゆり組さんで、楽しい一泊旅行しました・甲賀の忍者村(8月20日~21日)

 毎年恒例の「ゆり組さん」親子一泊旅行に行ってきました。垂水保育園元ゆり組さんたちも早や小学校3年生になって、大きくりっぱに成長した姿を見せてくれました。久しぶりに会った仲間も、あっという間に兄弟姉妹のように遊んでいました。
 参加者は大人11人、子ども13人の総勢24人で、マイクロバス1台で20日の9時半に吹田市江坂を出発し、一路滋賀県甲賀市の「みなくち子どもの森自然館」に到着。

ゆり①

 館内で夏季特別展を観覧しました。250万年前から100万年前に生息していたという日本固有種である古代象の「アケボノゾウ」の化石や巨大な模型など。常設で昆虫標本や資料室など、「昆虫大好き人間」としては子どもたちより熱心に見学してしまいました。職員さんとクイズを楽しむ子どもたちです。

ゆり②

 宿舎で温泉につかり、夜は親同士で親睦会です。
 2日目は雨模様でブルーベリー狩りは中止に。今回の幹事さん一押しの「甲賀の里 忍術村」に到着。さっそく子どもたちは忍者姿に変身、これから何がはじまるのか、興味津津です。

ゆり③

 手裏剣道場か、なるほど。

ゆり④

 忍者修行のはじまり、はじまり。石垣のぼり、みんなけっこう身軽です。

ゆり⑤

 真剣な顔が親にはうれしいものです。

ゆり⑥

 外国人のお客さん。忍者服がはだけて、どうもさえない感じでした。ごくろさまです。

ゆり⑦

 これはなかなかの難易度の高い修行です。見ているほうも力がはいります。

ゆり⑧

 修行の最後は、すいとんの術か。落ちそうで落ちない、ハラハラの連続で疲れました。「もう一回やらせて」と人気の種目(修行)でした。師匠の青年が汗だくで指導していました。ありがとうでござる。

ゆり⑨

 なんと「ゴレンジャー」登場か。大人のお客さんも楽しんでいました。
 夜7時に無事、江坂に帰着し「次回も楽しみにしているよ」と笑顔でさよなら、保育園時代の仲間も本当にいいなと感謝しています。

ゆり⑩

「市政レポート 第127号」発行しました・自然体験交流センター(旧青少年野外活動センター)の指定管理者制度を批判

レポ⑤

市長が「福祉」のない施政方針を表明

 4月の選挙後で初の市議会7月定例会が、8月12日に終了しました。新市長は初日に施政方針を述べましたが、法的、客観的根拠のない「財政非常事態宣言」に固執。今後4年間の方針といいながら、「福祉」の言葉はいっさいないという内容でした。

民主党系会派が減額に反対

 6月臨時会で提案されていた市長の給料とボーナス、退職金の削減については民主党系会派が反対しましたが可決、副市長以下、水道事業管理者、病院事業管理者、教育長など特別職の給料等の削減については審議未了として、9月定例会まで継続となりました。

市民不在で、福祉を破壊する計画が進行中

 吹田市では現在、「福祉の吹田」を全面的に破壊する方針が密室(ホームページ等で公開しているなどといっているが、市民は知らない)で企てられています。
 その第一弾が北千里小学校跡地利用の凍結や千里丘図書館建設事業の見直しなどです。これらは地元住民との事前の相談がまったくなくすすめられており、日本共産党は厳しく批判しました。

 今後「たな卸し」といって、第二弾として100にのぼる事業の見直しも計画されていますが、その多くが子どもや学校、障害者、高齢者に関係する事業であり、施策の民営化や民間委託化など、市民サービスの重大な後退につながることが心配されます。

みなさんの願いをまっすぐ市政にとどけます
 日本共産党は「福祉の吹田」「子育てするなら吹田市」といわれる施策を守るために、みなさんと力をあわせてまいります。

 吹田市では前市長時代に市が所有する施設を「指定管理者制度」と言って、次々と民間に管理運営をゆだねてきました。
 日本共産党は福祉や医療、教育など公共的な市民サービスは、安上がりの民間任せではなく、行政がこれまでどおり運営していくことで安全の確保、サービスの維持・向上に役立つと主張してきました。

 今回議会に提案された「自然体験交流センター」(千里北公園内)の指定管理者制度の導入は、長年親しまれてきた青少年のキャンプ施設を、市の直営から民間に委託しようとする内容です。

 全国で民間委託による経費削減を追求した結果、死亡などの重大事故が頻発しており、議会中にも泉南市の学校プールで、子どもの命が奪われる事故がおこっていることなどを指摘して、議案に反対しました。(文教市民委員会 竹村博之)

憲法9条は日本と世界の宝、子どもたちに平和な未来を(8月17日~18日)

  「非核平和都市宣言」をおこなっている吹田市と市教育委員会が後援して、第31回目の「子どもたちの未来と平和を語る集い」がメイシアターでありました。戦争を2度と起こしてはならないという思い、子どもたちに平和な未来をと願って市内の多くの団体、個人のみなさんが手作りで取り組んで、31回目を迎えたことに心からの敬意と感謝を申し上げます。

戦争展①

 福島第一原発の事故は放射能の恐ろしさを世界中に見せつけました。日本国民は広島、長崎、そして福島と3度も被ばくし、多くの人々が苦しんでいる現実から目をそむけることはできません。展示室では「原発について考えよう」をテーマに参加者が資料を見ながら熱心に話しをしていました。

戦争展②

戦争展③

 子どもたちの描いた平和への願いを、私たち大人がしっかりと受け止めていきたいと思います。催しは2日間で、学童っ子のつどいや平和講座、映画上映と充実した内容です。世界から悲惨な戦争をなくし、核兵器をなくしていくことは誰もの願いであり、「憲法9条」がその大きな力になると思います。

戦争展④

吹田市議会7月定例会が閉会(8月12日)・市長の給料、ボーナス、退職金は減額に

 残暑お見舞い申し上げます。
 連日暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

 4月の選挙後で初の市議会7月定例会が、8月12日に終了しました。新市長は初日に施政方針を述べましたが、法的、客観的根拠のない「財政非常事態宣言」に固執。今後4年間の方針といいながら、「福祉」の言葉はいっさいないという内容でした。

 6月臨時会で提案されていた市長の給料とボーナス、退職金の削減については了承されましたが、副市長以下、水道事業管理者、病院事業管理者、教育長など特別職の給料等の減額については審議未了として、9月定例会まで継続となりました。

 吹田市では現在、これまでの「福祉の吹田」を全面的に破壊する方針が密室(ホームページ等で公開しているなどといっているが、市民は知らない)で企てられています。

 その第一弾が北千里小学校跡地利用の凍結や千里丘図書館建設事業の見直しなどです。これらは地元住民との事前の相談がまったくなくすすめられており、日本共産党は厳しく批判しました。

 これから「たな卸し」といって、第二弾として100にのぼる事業見直しも計画されていますが、その多くが子どもや学校、障害者、高齢者に関係する事業であり、施策の民営化や民間委託化など、市民サービスの重大な後退につながることが心配されます。

 日本共産党は「福祉の吹田」「子育てするなら吹田市」といわれる施策を守るために、みなさんと力をあわせてまいります。

学童保育のデイキャンプにボランティア参加(8月10日)・楽しかったなあ 市立自然体験交流センターにて

 吹田市の全ての小学校で、親の就労支援の重要な事業として「学童保育」を実施しています。子どもたちの放課後の安全なくらしの場として設置され、関係者が日々努力しながら運営しています。
 現在、小学3年生の末っ子が通室しており、私も年間行事や保護者会活動など、楽しみながら参加しています。

 先日、この学童保育教室の夏の行事である「デイキャンプ」がおこなわれ、協力者の一人として会場である、市立自然体験交流センター(千里北公園)まで、約100人の子どもたちといっしょに行ってきました。

<タイムスケジュール>
午前8:45 結団式
   9:00 オリエンテーリング 学校から豊津駅まで歩いてポイントでチェック
       阪急北千里駅で下車 自然体験交流センターへ
  10:30 入所式
       各遊びに分かれて昼まで行動 ○火おこし ○虫とり ○竹細工 ○焼き板 ○カレーつくり 等など
  12:00 カレーライスいただきます
午後1:00 ゲーム(ろくむし大会、あめくい競走)
   2:00 退所式
       バスで学校まで帰りました

 子どもたちといると、とにかくよく動きます。自然がいっぱいのキャンプ場で虫とりをしました。子どもたちが喜んだのはカブトムシがみつかった時です。10匹ぐらいは取れました。
 昼食のカレーライスもお代わりで行列が出来ていました。とにかく暑かったですが、みんなでよく遊んだデイキャンプでした。

 働く親として、学童保育があって本当によかったと感じました。いつもお世話になります、先生方、ありがとうございました。共に活動している保護者のみなさん、お疲れさまでした。
 帰りのバスのなかで熟睡してしまいました。

 ひとつ失敗したのはいつものカメラを忘れたことです。きっといい写真がとれて、ここで紹介できたのにと思います。

 

市長が「市民会館は廃止する」と突然の表明(8月5日市議会)

 7月吹田市議会が8月12日までの会期でおこなわれています。現在の議会のひとつの特徴は、4月の選挙ではじめて当選した議員が9人、2期目の議員が8人、3期目の議員が6人となっていて、定数36人のなかで新しい議員が多数を占めていることです。

 現在進行中の議会でも、それぞれの質問、発言内容が新鮮で、すなおに共感するものもあります。当然、それぞれが政治信条や日々の活動スタイルは違うわけで、個々の内容によっては「おかしい」と批判せざるをえないことがありますが、活発な議論は言論の府としての議会の役割を感じることができるものとなっています。
 
 吹田市長が就任直後に「財政非常事態」を宣言しました。その後の市政の動きは「宣言」を口実にして市民要求を退けるものとなっています。市長は議会の質疑のなかで「市民にも傷みをわけあっていただきたい」といってはばかりません。市長が手本としている橋下大阪府知事は「自分のやり方に反対するものは抵抗勢力であり、府民の敵」といわんばかりの政治手法です。 
 ここには「府民が主人公」という原則は全くありません。新市長もその政治姿勢をすすめるのでしょうか。市民生活の厳しい実態を考えれば、本当に心配です。

 8月5日に本会議の質疑のなかで市長が「市民会館を廃止する」と表明しました。年間15万人が利用していた旧市民会館が閉鎖され、市民活動に支障が予想されるなかで日本共産党市議団として「市民会館の代替施設」を要求し、その後、朝日町の民間ビルに新市民会館が設置されていました。民主党の議員が「耐震化されていない建物に設置しているのは問題」と再三にわたって厳しく追及するなかで、今議会の質問にたいして市長は唐突に「市民会館は廃止する」と答弁したものです。

 利用者になんの相談もなく、議会にもはかることなく、一議員の要求にたいして重大な決定をする、まさに市民不在のやりかたではないでしょうか。ことは耐震化だけの問題ではないと思います。

我が家の仲間を紹介します(8月1日現在)

 我が家には現在時点で人間5個体の他に、1歳半の手乗り文鳥(シナモン)が1羽、阪急の地下デパでうなぎのえさ用になっていた10匹のドジョウ、最近飼い始めたつがいのカブトムシがおります。

 それぞれ個性があって世話がかかりますが(あなたが一番と言われそうですが)、いろんな生命体と暮らすことで自然の少ない都会生活のなかでも、同じ地球に生きるものとして独りよがりにならないようにしたいなと思います。

 文鳥の「ピーちゃん」です。近ずくと寄ってきます。

生き物①

 ドジョウの水槽です。名前はまだありません。見分けがつきません。タニシもいます。

生き物②

 カブトムシの奥さんです。働きものでよく動いてます。そもそも夜行性なので昼間はもぐっていますが、旦那さんはあまり見かけません。その他、ゴキブリが多数います。


生き物③
プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR