市議会文教市民常任委員会行政視察(7月25日~26日)について



  初日は神奈川県横浜市を視察しました。視察テーマは「横浜市における教職員の負担軽減に向けた取り組みについて」です。全国的に小中学校教職員の長時間労働が問題となっていますが、吹田市でもその解消が課題にあげられています。まず横浜市教育委員会が取り組むあたってのコンセプトは「教職員が子どもとしっかり向き合う時間の確保のために」です。
 
 課題解決のすすめ方は①横浜市の教員の勤務実態(まず実態を把握するために2013年に調査)②横浜市の教職員の意識、を把握したうえで③可能なことから取り組んできたことで前進が図られたことが印象的でした。業務改善支援としては、①学校ホームページをどの学校でも同じシステムにする②学校への調査・依頼事項の削減③研修の精査・精選④学校閉庁期間の設定⑤職員室のレイアウト改善などがあげられていました。また様々な専門スタッフ等の人的配置として、①職員室業務アシスタント(大規模小学校30校②学校司書(全校)③理科支援員(231校)④児童支援専任教諭(全小学校、現場から高い評価)⑤スクールカウンセラー⑥スクールソーシャルワーカー、その他にも様々な人的サポートを行なっているとのことでした。

 大変参考になり、吹田市でも大いに検討し、可能な限り導入すべきことではないかと感じました。

 翌日は、東京都の台東区を訪問し、観光施策として「浅草文化センターの官民連携による案内所の運営について」をテーマに現地視察しました。

レポ①


レポ②


レポ③


レポ④


レポ⑤




スポンサーサイト

夏休みの過ごし方は、サッカーも昆虫館もありでしょう



  今年は、ちょっと物足らない夏休みとなりました。いつもは2泊3日ぐらいで川と海にいくところですが、今年は中学3年生の娘が足のケガで入院中だったので旅行はなし。他の家族からは見放されひとり寂しい連休でしたが、休日を楽しむことに不足はなし。

 そのうち1日は吹田市総合運動場で終日サッカーに汗を流し、洗濯物がたくさんでました。もう少し努力がいりますが、まだまだいけそうです。

レポ①



レポ②

 16日、虫の好きな孫をつれて伊丹市昆虫館で楽しみました。実は私も昆虫大好き人間なのでした。ここでは全てを紹介できませんが、内容的にすばらしい施設で大人400円、子ども100円は安いと感じさせてくれます。飽きさせない、また行ってみたい!企画もりだくさんの昆虫館は子どもたちで大盛況でした。

レポ③

 チョウチョが指や頭にとまってくれます。大ゴキブリ(外国種)を触るコーナーもあり。

レポ④

 一室にはたくさんの標本も。そういえば夏休みの宿題で標本つくったなあ。実は、虫のなかでも蛾(ガ)がなんとなく気になる方で、一番大きいヨナクニサン(左上)なんかすごいですよ。

レポ⑤



摂津市議会議員選挙が9月10日告示、17日投票で



 9月17日投票日で摂津市の市会議員選挙が行われます。衆院大阪第7区を構成するのは吹田市と摂津市で、地理的、歴史的にも関係が深く、お互い政治的にも影響のある地方自治体となっています。

 毎回暑い時期の選挙ですが、7月の東京都議選の躍進につづいて摂津市議選の勝利をと、時間の合間で現地に足を運んでいます。昨日は村口くみ子国政対策委員長といっしょに、安藤かおる党市議団幹事長の生活相談地域を宣伝カーで。猛暑で人通りはあまりありませんが、出あう市民の反応からは、真面目に市政を語る安藤議員の姿に共感をよんでいると実感しました。

レポ①



各地で熱戦・感動が!『吹田市中学校総合体育大会』



  市内各スポーツ施設で「第34回吹田市中学校総合体育大会」の熱戦が繰り広げられています。きのう、きょうと時間をとって、サッカー大会(総合運動場)を観戦しました。真夏日のなか、生徒も保護者も熱心に歓声をおくっていました。

レポ①

 これから(昨日)豊津西中学校と吹田第六中学校の対戦です。日差しの一番きつい時間帯でしたが、天然芝の状態も良好の様で、選手のプレーもしっかりとしていました。

レポ②

 きょうの午前中、吹田第一中学校と吹田第三中学校の対戦、豊津中学校と吹田第五中学校の対戦を見ました。

レポ③

 力の差はいろいろですが、みんな同じ中学生です。これからも仲間をリスペクトして、スポーツを楽しんでほしいと思いました。
大会関係者のみなさん、最後までよろしくお願いします。ありがとうございました。

レポ④



豊津駅のツバメの巣にいるヒナの話し



 豊津駅の東側の階段降口にツバメの巣があります。ヒナが5羽います。気がついたのは一週間ほど前ですが、たしか約一か月前にいたヒナはすでに巣立っています。ということは同じ親鳥が2回目の産卵をして子育てをしているのだろうか。人間から見ると成長するのが楽しみですが、腹を空かしたヒナを育てる親鳥は大変だと思います。写真は先ほど撮影したものです。

レポ①




プロフィール

竹村博之

Author:竹村博之
たけむら ひろゆき ●1958年吹田市生まれ、山手小学校、豊津中学校、春日丘高校、三重大学水産学部卒 ●1991年に吹田市議会議員に初当選 ●家族 妻1人、子ども3人 ●趣味 サッカーが大好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR